Archive for 4月, 2014

MOPTOPのこのごろ…作業場づくり

すっかりご無沙汰になってしまいました…

久しぶりのブログ更新ですいません(>_<)

 

久々なので、このごろのMOPTOP近況報告です♪

 

大雪などの影響でバタバタ忙しくしていた3月が過ぎまして、

4月に入り消費税も上って、増税前や引っ越しシーズンで忙しかった職人さんたちも少し落ち着いたのと同様に、

MOPTOPも、大きい現場が空き、ようやく仕事に余裕が持てる時期になりました。

もちろんやることは山ほどあるのですが・・・。

 

日頃、現場が動いている時、

もし現場がひと段落したらやりたいこと!

というのが、どんどん貯まっていくのですが、

今回、その時間ができたらやりたいリストの中の、

優先順位ナンバー1にして、最大規模のやりたい事をやろう!ということになりました。

 

それというのが、会社の“ 作業場・置き場づくり ” です!

 

会社の事務所部分がほぼ完成し、(ブログの事務所づくり編もまだ報告途中ですね…すいません(>_<))

完成する前は、工事中の事務所の中でやっていた、材料を切ったり塗ったりする作業が、

きれいに仕上がってしまった事務所の中では出来なくなってしまいました。

 

なので、当分は作業は外でやるしかないと思っていたのですが、

やはり、濡れてはいけない材料もありますし、雨の日も風の日も作業ができる作業場が必要です。

次の現場が5月からスタートし、始まったら次は9月ごろまで大きい現場が続くMOPTOP。

ちょうど体が空いたこの4月に頑張って作業場つくってしまおうか!ということに、急遽なったのです。

 

さて、その作業場づくりですが…

以前から作業場は、使うその材料まで自分たちの手でつくろう!という思いがありました。

会社が木に囲まれた山奥にあるので、近くで伐採した木や要らなくなった木があると、声をかけていただく機会がたまにありました。

まだ、雪が積もっているころ、やはり会社の裏山で切り倒した木が何本かあるから…というお話をいただき、

いつもなら薪にしたりするのですが、その切り倒してある木の立派さと本数の多さを見て、

これは作業場をつくる時に使おう!という話になりました♪

 

裏山に切り倒されている木

裏山に切り倒されている木

 

 

会社の裏山の木を、自分たちで持ってきてつくる作業場…

物を作る、全てのスタートから自分たちの手で…

 

なんか素敵なワクワク予感です…(*^_^*)

 

 

事務所の奥のスペースに作業場をつくります。

事務所の奥のスペースに作業場をつくります。

 

 

 

そんな話から数か月経ち、ついにその木をいただきに行く日がやってきました。

いただくと言っても、何メートルもある木です、そう簡単には行きません!!

山のプロの親方に同行をお願いをして、いざ山から木の搬出です!

 

034 (2)

 

 

050

 

必要な長さを考え、1本ずつチェーンソーで切っていきます。

 

054

 

044

 

074

 

073

 

 

カットした木を今度は下に下ろします。

 

083

 

 

材木を引き出す時などに、木に打って引っ張る、カンという金具を打ち、

山から下ろします。

 

084

 

 

093

 

 

 

下ろした木は、その場で皮を剥きます。

重い木を回しながら剥くので皮を剥くのもかなりの力作業です。

 

102

 

131

 

107

 

139

 

 

 

皮が剥けたら、いよいよ積み込みです。

1本がものすごく重い積み込みも一苦労!

 

148

 

 

143

 

 

145

 

 

154

 

 

157

 

 

166

 

 

170

 

 

 

やっと第1弾を会社に運んできました…(^_^;)

これを繰り返すこと数往復…次は、材料を降ろします!

 

 

023 (3)

 

 

038 (3)

 

 

持ってきた木を全て立てかけて、とりあえずの作業終了(^_^)/

 

やったー!これで作業場づくりスタート!!

と行きたいのですが…まだまだそこに行くまでの工程があるのです。

 

切り出してきた木をすぐこのまま全部作業場の材料として使うわけではありません。

丸太のまま使う柱と梁用の木だけを残し、残りは一度材料屋さんにお願いして製材していただくことに。

一旦、材木屋さんにお引越しでーす♪

 

IMGP7152 (480x640)

 

 

IMGP7163 (480x640)

 

 

クレーンは早い!

この前の人力の運搬を考えると、魔法のようです(笑)

 

IMGP7154 (640x480)

 

 

IMGP7167 (640x471)

 

 

あっという間に積み込み完了で材木屋さんへ。

次は、材木屋さんでの製材です。

 

IMGP7193

 

 

IMGP7195

 

 

IMGP7196

 

 

IMGP7203

 

 

日頃からお世話になっている東青梅にある山栄材木店さん。

社長さん自ら製材作業をしてくださいました。

大きい製材の機械を巧みに操り、こちらの要望通りに次々に木をカットしていく手つきは素晴らしく、

これぞ職人技という感じです!

 

IMGP7203

 

 

IMGP7215

 

 

IMGP7201

 

 

IMGP7205

 

 

IMGP7211

 

 

IMGP7238

 

 

IMGP7222

 

 

 

 

地道な作業が続き、

ただの生木が、すぐ使える材料に変身しましたー!

 

IMGP7226

 

 

IMGP7241

 

 

 

そしてこの日、

自分たちで山から切り出してきた木が、立派な材料になって戻ってきましたー!

嬉しいーっ!(^^)!

 

IMGP7279

 

 

IMGP7295

 

 

 

これで、ようやく作業場づくりのスタートラインに立ちました!

つづきは次回♪

作業場づくりの様子をご報告します(^_^)v

 

(途中になっている事務所づくり編のつづきもまたお伝えします(>_<))

 

 

筆:藤野

 

 

MOPTOP新オフィスができるまで…④

MOPTOP新オフィス工事の様子をお伝えしているシリーズの第4回目。

前回の③のつづきです♪

 

2013年の夏から始まった、MOPTOPの事務所づくり工事…

仕事の合間に作業を続けて行ったのですが、常に現場の材料をかかえ、なおかつ事務所をつくるための材料もあり、

もちろんたくさんの仕事道具もあるので、秋が深まってきた頃には、もう工事中の事務所はパンパンになっていました。

 

このMOPTOPの新オフィス工事計画は、事務所の建設だけでなく、敷地内に作業場、材料置き場も併設する予定でした。

しかし、材料置き場の建設なんていつになることやら…、工事中の事務所も作業が進むにつれて、物が置けるスペースは少なくなって行きます。

その間、大事な材料や道具を常に雨風から守りながら保管しなければなりません。

 

さて、どうするか…

シンプルに考えると、物置を買って置く、ですよね。

でも、たくさんの材料や道具を保管できるくらいのサイズの物置なんてなかなかありません。

 

そこで思いついたのが…

“ コンテナ ” でした!

 

コンテナというのは、貨物輸送用の大型コンテナなのですが、文章で説明するより写真で見た方がわかりやすいので、

以下、そのコンテナがMOPTOPにやってきた日の様子をお見せしていきたいと思います!

 

11月の某日、朝事務所に行くと、すでに大きなクレーン付きのトラックが待っていました。

そのトラックには、コンテナがのっています!(^^)!

 

緑色のコンテナです♪

かわいい緑色のコンテナです♪

 

なんと、このコンテナははるばる岐阜県からやってきました。

 

 

さあ、ここからが大変!クレーンで持ち上げて、設置します。

土台になるブロックを置いて…

設置場所にブロックを置きます。

設置場所にブロックを置きます。

 

 

いよいよ、クレーンで持ち上げます。

クレーン付きトラックが付けられる一段下の道路から、持ち上げて設置します。

 

ここから持ち上げます。

ここから持ち上げます。

 

上がってきました…

上がってきました…

 

微妙な配置を調整しながら…

微妙な配置を調整しながら…

 

慎重に場所を決めていきます。

慎重に場所を決めていきます。

 

 

で、無事設置完了!!

 

 

 

いよいよ開けてみますよ…

いよいよ開けてみますよ…

 

ジャジャーン!

ジャジャーン!

 

オープン(^_^)/

オープン(^_^)/

 

 

ひいて見るとこんな感じです。

ひいて見るとこんな感じです♪

 

近くから見るとこんな感じです♪

近くから見るとこんな感じです♪

 

 

 

で、身長158センチの私が中に立つと…

 

こんな感じです♪

こんな感じです♪

 

 

社長だと手が届きます(笑)

 

サイズ感わかりますか?(^_^)

サイズ感わかりますか?(^_^)

 

 

無事設置が完了し、一安心!としたいところですが、

これではただの大きな箱です。

この大きな箱を、きちんとした倉庫にします!

 

コンテナの中に、道具をきちんと収納できる棚をつくります。

そこはプロですもんね(笑)

 

棚を造作します!

中に棚を設置♪

 

これで、大事な物を安心して保管できます!

ヤッター(^_^)v

 

 

今回のMOPTOP新オフィスができるまで…④は、

MOPTOPにコンテナがやってくる!の巻でした!

 

まだまだ続きますが、今回はこのへんで♪

次回をお楽しみに~!

 

IMGP5492 (640x480)

 

 

 

筆:藤野

 

MOPTOP新オフィスができるまで…③

前回の②では、もともとの建物の扉や壁を壊したり、撤去する作業の様子をお伝えしました。

今回は、いよいよ新しく造っていく作業の様子です♪

 

まず、練りに練った図面をもとに、「墨出し」といって工事中に必要な線や位置などを壁や床に表示したものを基準に

間仕切りをつくって行きます!

 

新事務所の図面♫

新事務所の図面♫

 

ここはトイレの天井になります。

ここはトイレの天井になります。

 

まだ何が何だか…ですね。

これは、トイレの床部分です。

 

まだ、いまいちなにがなんだか…ですね(笑)

 

地道に作業を続けて行きます!

 

IMGP5686

 

 

すると、

だんだん形がわかってきますよ~♪

 

IMGP5687

トイレスペースの形が見えてきました!

 

IMGP5690

ひいて見るとこんな感じ。

 

こっちはスタッフルームの入口が出来る壁です。

こっちはスタッフルームの入口が出来る壁です。

 

 

続いて、玄関のドア枠です。

建物の顔である玄関の扉は、既製品の扉ではなく、無垢の木でつくろうということになっていたので、

そのドア枠も当然木でつくります!

材料に選んだ木は、米松という木です。

少し赤い色をしているのですが、もともとこんな感じにしたいという仕上がりのイメージの色があり、

使う塗料、色を考えた結果、赤い色の米松が良いのではないかということになりました。

木目もしっかりくっきりしていて、塗装も映える木です。

 

米松という赤みがかった木で作りました。

米松という木で作りました。

 

真剣な顔です…!(^^)!

真剣な顔です…!(^^)!

 

米松は少し赤みがかっている木です。

米松は少し赤みがかっている木です。

 

こんな感じになりました。

こんな感じになりました。

 

 

また、事務所工事中の間…

 

事務所が工事中でも、トイレは必要だということで、仮設トイレがやってきたり…

 

仮設トイレ

仮設トイレ

 

 

事務所つくりながらでも、現場ももちろん進みますので、

いろんな現場で出るゴミを置くゴミ置き場がが必要ということで、

ゴミコンテナがやって来たりしました。

 

ゴミコンテナ

ゴミコンテナ

 

 

で、この後、MOPTOP事務所にとっても大きな物がやってくるのですが…

 

それは、次回のお楽しみです(笑)

 

つづく…(^_^)v

 

 

筆:藤野