Archive for 9月, 2014

羽村リフォーム現場…仕上げ作業のいろいろ①

9月半ばになって、すっかり秋を感じる日々になりました…。

また季節の変わり目がやってきて、焦る現場です(^_^;)

9月になって仕上げ作業がラッシュです!

その様子をまたちょっとまとめてお伝えします♪

 

まず…ついに店舗の室内外の壁の仕上げ作業です!
今回店舗内の壁には「珪藻土」を塗ることになりました。
珪藻土というのは、
藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)です。
珪藻土は活発な吸湿性により、余分な湿気を吸湿してくれるので、結露防止や湿気対策になります。
また、珪藻土の活発な呼吸性(吸・放湿性)により、室内湿度の変化に敏感に反応して、快適湿度に保つ調湿効果が期待できます。
この日はその珪藻土をどのような塗り方にするか、お施主さんに選んでいただくために、
左官屋さんに塗り方のいろいろなパターン見本を実演していだだきました!
015 (22)
011 (23)
018 (19)

お施主さんが選んだのは、コテで塗った様子がわかるくらいの自然なコテむらが出る塗り方♬

そして、そのパターンで塗った施工後の写真

がこちら!

IMGP8260
IMGP8262
IMGP8266
この写真だとパターンはわかりませんが、素晴らしい手つきでキレイに仕上げていだだきました(*^_^*)
まだ塗った直後の様子なので、グレーがかった色に見えますが、乾くともっと白くなります!
アップで見るとこんな感じです。
028 (10)
外の壁も外壁用の塗り壁材を使うので、室内と同じようにパターン見本をつくってもらい、塗り方を選びます。
IMGP8286
IMGP8287

 

店舗の外壁なので、店内より目立つパターンをチョイス!

で、仕上がりは…

 

IMGP8290

 

こんな感じになりました♪

木の色と左官の白のコントラストがきれいです!(^^)!

 

続きまして、

タイル屋さんも来てくれました!トイレの仕上げです。

002 (33)

 

これは手洗いの周りに化粧として貼ったタイルです。

 

001 (27)

 

これは、トイレの床にタイルを貼る作業中の写真です。

 

008 (32)

 

009 (34)

 

で、仕上がりはこんな感じ♫

タイル仕上げは個性が出て、一気に見た目が華やかになります!

かわいく出来ました(^_^)/

ボウルや水栓器具などが付いたら完成です。

 

IMGP8268

 

そして、

建具にはガラスが入りました!

004 (38)

 

010 (30)

 

この緑色のガラスはアンティークガラスで、写真だとよくわからないですが、よく見ると繊細なゆらめきがきれいな素敵なガラスです!

 

玄関の隣の窓、丸窓にもこのアンティークガラスを入れます。

 

019 (17)

 

026 (9)

 

ガラスが入ったら、塗装の仕上げをして、丸窓も完成♫

 

011 (27)

 

009 (36)

 

外から目立つポイントにこの丸窓、チャームポイントになること間違いなしです!

 

009 (41)

 

また、この日はまたものすごく大きなガラスがやってきました!

見ているだけでドキドキするようなサイズのガラスです。

001 (29)

 

003 (37)

 

このガラスは焙煎室の前に設置するガラスです。

このお施主さんの豆香さんは、
焙煎珈琲豆屋さんです。
珈琲豆を焙煎する様子が客席からよく見えるように、焙煎室をガラス張りにしました♬

 

007 (36)


大きなガラスは透明なのにものすごい存在感!
お店の核である焙煎室が一気に輝いた感じになりました(*^_^*)

 

011 (28)

この後、焙煎室はもうひと化粧するのですよ…お楽しみに(*^_^*)

 

その他の場所も、このように棚に扉が付いたり…

029 (9)

 

030 (9)

 

厨房機器が入ったり…

005 (40)

 

004 (43)

 

着々と仕上げ作業は進んでいますので…

ブログは仕上げ作業のいろいろ②へ続きます(^_^)v

 

筆:藤野

羽村リフォーム現場…ラストスパート!

9月に入りましたねー!

長い間お伝えしてきた羽村リフォーム現場報告。さあ、あと何回できますでしょうか?

工期も残りわずかになってきました。

8月中に内装の大枠が大体出来きて、大工で残っている大きな仕事は、腕の見せ所でもある造り物の数々を仕上げることでした。

 

造り物その1は…「食器棚」

お店で使うカップやお皿などの食器はもちろん、珈琲豆や珈琲豆を挽くミルなどお店の大事な物をたくさん収納する棚です。

事前にお施主さんと具体的に収納する物の内容を考え、棚の使い方をきちんと想定し、細かく打ち合わせをして棚造りに入りました。

 

それでは食器棚造りスタートです♫

 

033 (4)

 

背板は、床用のクルミの板を張りました♫

 

028 (7)

 

027 (6)

 

043 (5)

 

 

まだこれから扉が付いたりするのですが、ひとまずこんな感じになりました!

クルミの板がきれいです♫

 

さて、続いて造り物その2は… 「カウンター」

カウンターとは、お店のカウンター席のことです。

珈琲をドリップしている様子がよく見えるカウンター席は客席の中でも特等席です。

特等席にふさわしいカウンターに仕上げます!

 

それではカウンター造りスタート♫

 

004 (32)

 

003 (31)

 

008 (29)

 

これで土台は完成!

続いて、カウンターの天板です。

天板は無垢のウォールナット。

お世話になっている建具屋さんの作業場にお邪魔したときに、作業場の奥に眠っていた年季の入ったウォールナットの板を見つけました!
板はサイズの関係で、2枚のウォールナットを合わせてカウンターの天板にすることに。
あとは職人の技術です!

 

010 (24)

 

 

 

012 (20)

 

018 (17)

 

 

きれいに組み合わさりましたよ!

それを土台に組合わせると…

 

007 (31)

 

クリアの塗装をかけると…

 

039 (6)

 

ウォールナットの木目が素敵なカウンターができました(^_^)/

本当はまだこのカウンターには最後にスペシャルな仕上げが待っているのですが、今のところお見せできるのはここまで!

 

 

お次は、

造り物その3…「物販棚」です。

このお店 『豆香』さんは、そもそも珈琲を販売するお店。

喫茶スペースができますが、販売スペースも大事です。もちろんきちんと確保します!

そして今回この物販棚は、スペシャル仕様になったんです!!

どこがスペシャルかというと…

 

この下の写真をご覧ください!

IMGP7853 (640x480)

 

 

これは豆香のお店を20年以上支えてきた旧看板です。

 

とても立派な看板だったのですが、新しいお店にはサイズもデザインも合わないと判断し使用しないことになりました。

ですが、あまりに立派なひのきの板なので、どこかに形を変えて使うことができないかずっと考えてきました。

そして結果、そのアイデアの行先が 「物販棚」 でした。

 

さあ、物販棚造りスタートです!

 

これが看板です!

なかなかの大きさ…

 

053 (2)

 

 

056

 

 

まず、看板は材木屋さんに一度預け、きれいに削り直してもらいました。

(きれいになって帰ってきた板の写真がありませんでした…すいません(^_^;))

で、その板が下の写真です。

もう作業が進んでしまった時の写真ですが、とてもきれいになっているのがわかりますか?

 

003 (28)

 

 

 

038 (5)

 

033 (5)

 

わざと皮を残し雰囲気を出しました!

古い看板がきれいな棚になりましたね~(^_^)v

で、材木屋さんから戻ってきてびっくりしたのが、看板はきれいに削ったのですが、

看板の文字が日に焼けて写ったのか、うっすら残っていたのです。

下の写真わかりますか?豆香の香という文字がうすく見えます。

まるで20年以上豆香さんを見守った看板の魂が乗り移ったようです(笑)

嬉しい誤算でした♫

 

 

 

 

012 (19)

 

この看板の板を使い物販棚を造ります。

 

また、背板には、これまた旧店舗の壁材だった赤松の板を再利用しました!

 

002 (27)

 

 

ひのきと赤松のバランスがきれいです♫

 

045 (3)

 

 

この物販棚にも扉が付くのですが…とりあえず今回はここまで!

この再利用の赤松はいろいろなところにちりばめて使ってみました。

 

001 (24)

 

これはカウンター横のレジ台。

反対側から見ると…

004 (34)

こんな感じです♪

 

そしてこれは2階のリビングです。

壁に赤松を少し使いました!

 

020 (12)

 

 

このように、今回の造り物シリーズは…

ただ新しく素敵に造る!ということだけでなく、

お店の歴史、お施主さんの思いはもちろん、長年通っている豆香のお客さんの思い出まで…

それらをしっかり詰め込んだものを、

新しいキャンバスにあらためて表現する!

というつもりで造らせていただきました。

 

お施主さんの喜んだ顔はもう見ることができたのですが、

今後新しく生まれ変わったお店に来たお客さんの驚く顔が楽しみです(*^_^*)

 

さあ、ラストスパートまっただ中!

もうひと踏ん張りです!(^^)!

 

筆:藤野