羽村リフォーム現場…仕上げ作業のいろいろ①

by moptop.

9月半ばになって、すっかり秋を感じる日々になりました…。

また季節の変わり目がやってきて、焦る現場です(^_^;)

9月になって仕上げ作業がラッシュです!

その様子をまたちょっとまとめてお伝えします♪

 

まず…ついに店舗の室内外の壁の仕上げ作業です!
今回店舗内の壁には「珪藻土」を塗ることになりました。
珪藻土というのは、
藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)です。
珪藻土は活発な吸湿性により、余分な湿気を吸湿してくれるので、結露防止や湿気対策になります。
また、珪藻土の活発な呼吸性(吸・放湿性)により、室内湿度の変化に敏感に反応して、快適湿度に保つ調湿効果が期待できます。
この日はその珪藻土をどのような塗り方にするか、お施主さんに選んでいただくために、
左官屋さんに塗り方のいろいろなパターン見本を実演していだだきました!
015 (22)
011 (23)
018 (19)

お施主さんが選んだのは、コテで塗った様子がわかるくらいの自然なコテむらが出る塗り方♬

そして、そのパターンで塗った施工後の写真

がこちら!

IMGP8260
IMGP8262
IMGP8266
この写真だとパターンはわかりませんが、素晴らしい手つきでキレイに仕上げていだだきました(*^_^*)
まだ塗った直後の様子なので、グレーがかった色に見えますが、乾くともっと白くなります!
アップで見るとこんな感じです。
028 (10)
外の壁も外壁用の塗り壁材を使うので、室内と同じようにパターン見本をつくってもらい、塗り方を選びます。
IMGP8286
IMGP8287

 

店舗の外壁なので、店内より目立つパターンをチョイス!

で、仕上がりは…

 

IMGP8290

 

こんな感じになりました♪

木の色と左官の白のコントラストがきれいです!(^^)!

 

続きまして、

タイル屋さんも来てくれました!トイレの仕上げです。

002 (33)

 

これは手洗いの周りに化粧として貼ったタイルです。

 

001 (27)

 

これは、トイレの床にタイルを貼る作業中の写真です。

 

008 (32)

 

009 (34)

 

で、仕上がりはこんな感じ♫

タイル仕上げは個性が出て、一気に見た目が華やかになります!

かわいく出来ました(^_^)/

ボウルや水栓器具などが付いたら完成です。

 

IMGP8268

 

そして、

建具にはガラスが入りました!

004 (38)

 

010 (30)

 

この緑色のガラスはアンティークガラスで、写真だとよくわからないですが、よく見ると繊細なゆらめきがきれいな素敵なガラスです!

 

玄関の隣の窓、丸窓にもこのアンティークガラスを入れます。

 

019 (17)

 

026 (9)

 

ガラスが入ったら、塗装の仕上げをして、丸窓も完成♫

 

011 (27)

 

009 (36)

 

外から目立つポイントにこの丸窓、チャームポイントになること間違いなしです!

 

009 (41)

 

また、この日はまたものすごく大きなガラスがやってきました!

見ているだけでドキドキするようなサイズのガラスです。

001 (29)

 

003 (37)

 

このガラスは焙煎室の前に設置するガラスです。

このお施主さんの豆香さんは、
焙煎珈琲豆屋さんです。
珈琲豆を焙煎する様子が客席からよく見えるように、焙煎室をガラス張りにしました♬

 

007 (36)


大きなガラスは透明なのにものすごい存在感!
お店の核である焙煎室が一気に輝いた感じになりました(*^_^*)

 

011 (28)

この後、焙煎室はもうひと化粧するのですよ…お楽しみに(*^_^*)

 

その他の場所も、このように棚に扉が付いたり…

029 (9)

 

030 (9)

 

厨房機器が入ったり…

005 (40)

 

004 (43)

 

着々と仕上げ作業は進んでいますので…

ブログは仕上げ作業のいろいろ②へ続きます(^_^)v

 

筆:藤野

Comments are closed.