青梅新築現場報告!

by moptop.

年末の慌ただしさですっかりブログの更新がまたまた滞っていました…(^_^;)
って、年末に限らないのですが(笑)
前回の現場報告が青梅新築現場の上棟の日の様子でした!
その後の報告を簡単にしたいと思います。

 

作業場で加工した材料をどんどん組み立てていきます!

大きい梁はクレーンで吊ってはめて行きます。
さあ、わかりやすく写真を並べていきますよ♫

IMGP9430

 

IMGP9435

 

IMGP9439

 

IMGP9438

 

IMGP9441

 

 

IMGP9447

 

IMGP9448

 

IMGP9449

 

 

IMGP9457

 

下で組み立てて、吊ってはめ込みます。

IMGP9453

IMGP9463

 

IMGP9461

 

IMGP9464

 

 

IMGP9468

だんだん家の形が見えてきました。

IMGP9474

下が組み終わり、ここから2階です!

IMGP9484

IMGP9486

 

IMGP9492

この日のお昼は、お施主さんがお昼ご飯を用意をして下さいました♫

組みあがったばかりの柱と梁の中でのご飯…なんか面白い感じでした(笑)

 

IMGP9498

 

118

おなかいっぱいになったところで、午後の作業スタートです!

無事に柱や梁が組み上げられた後は、垂木(たるき)をかけます!

垂木とは、屋根材を支えるために、棟から軒先に渡す長い木材です。
いつ見ても空に向かってのびる垂木の姿はきれいです。

 

 

IMGP9522

 

IMGP9530

IMGP9513

IMGP9517

 

IMGP9539

 

垂木がかかると、次は破風板(はふいた)を張ります。
破風板とは、屋根の端に山形に付けられた板で、屋根の構造部分を隠したり、建物への雨の吹き込みを防ぐ役割があります。

今回の破風板はレッドシダーと呼ばれるカナダの杉で、なかなかかっこいいです!

IMGP9509

 

 

IMGP9551

IMGP9553

IMGP9556

 

152

 

作業は屋根造りに突入です!垂木(たるき)の上に、屋根の下地材の野地板(のじいた)を張って行きます。


 

IMGP9559

 

IMGP9561

中から見るとこんな様子です。

005

屋根の上から見ると…こんな感じ。

張っていく様子がよくわかります。

 

IMGP9565

 

IMGP9567

 

IMGP9572

野地板が張れたら、その上にルーフィングを張って行きます。
ルーフィングとは、屋根の防水のために屋根材などの下に施工するシート状の建材です。

015
まず、板の上をきれいにします!
022

たまにポーズ取ったりして…(笑)

きれいになったら、いざ、ルーフィング張りスタート!
026

このルーフィングのロール、けっこう重いんです!

隙間ができると雨漏りにつながるので慎重に行きます!

IMGP9577
029

そんこんなでルーフィング張り終了!

このルーフィングが張られると、雨を気にしなくてよくなるので安心です♬

 

 

IMGP9587
 032

下から見るとこんな感じです♫

 IMGP9592

IMGP9590

ばーっと一気に写真を並べましたが…

建物の構造ができていく様子がわかりましたでしょうか?!
次は、屋根の完成、壁張り・・・など工事が続くのですが、
またそれは次回ご報告します(^_^)v

筆:藤野

Comments are closed.